初めて電子タバコを使う方法って?種類ごとに違う?


使い捨てやカセットタイプの使い方

はじめて電子タバコを使うときには、どうやると煙が出るのかわからない、使い方が全くわからないことが多いでしょう。電子タバコは使う種類によって使い方が異なるため、あらかじめ種類を確認してから利用方法を調べましょう。
一番わかりやすいのは使い捨てタイプです。リキッドと加熱用のコイル、そして電池がすべて一体となって入っているため、吸うだけで自動的に電源がつきます。味がなくなったり、水蒸気が出ないと感じたら捨ててください。
充電しながら使うタイプの中でも、リキッドがカセット式になっているタイプは手を汚さずに電子タバコを吸えます。コイルがリキッドカセットに内蔵されており、本体にカセットを差し込んで吸うだけで使えるのが特徴です。電源を探す必要はありません。

リキッドを注入するタイプの使い方

液状のリキッドを注入するタイプは、電子タバコ本体がバッテリーとリキッドを入れるアトマイザーと呼ばれる部分、そして吸い口に分かれています。アトマイザー部分はベースとコイル、タンクと呼ばれる部分に分かれているのが特徴です。ただし、アトマイザーとバッテリー部分が一緒になっているものもあります。

使い方はまずバッテリーを充電させますが、内蔵型とリチウム電池型があり、バッテリー内蔵型はUSBにさすだけで充電可能です。リチウム電池型は別売の充電池を用意して充電してください。
次にアトマイザーにリキッドを入れます。真ん中部分に小さな穴が開いているため、その部分にリキッドが入らないように、アトマイザーの側面に沿っていれるようにしましょう。また、上から入れるタイプとしたから入れるタイプがあるため、使う前に確認してから入れてください。

ニコチンリキッドは、個人輸入して新たな味や香りを試したり、フレーバーを自作したりして楽しむことができます。