メンテナンスで長持ちさせる!機械式時計のメンテナンス方法


ケースや風防の汚れはセーム革で拭き取る

機械式時計を使用していると、ケースや風防に汚れが付着してしまいます。特に手垢はティッシュで拭き取ろうとしても取れないことが多いと言えます。そんなときにはセーム革で綺麗に拭き取ってあげるのが効果的です。力を入れて拭き取ろうとすると傷が付いてしまう可能性があるので、優しく拭き取るのが重要になります。セーム革を所持していない場合は、メガネ拭きで代用するのも有効な手段だと言えます。ここでの注意点は水拭きは避けておくことです。水拭きをしてしまうとケース内のムーブメントが錆びることがあり、機械式時計が長持ちしなくなる可能性も考えられます。

アクリル製の風防の場合は使っているうちに細かい傷が付着してしまうこともあるでしょう。その細かい傷は歯磨き粉やサンエーパールのような磨き用のアイテムを使って磨き上げると綺麗になることが多いです。反射防止のコーティングが施されているものは磨き作業ができないので注意が必要だと言えます。

ベルトは金属と革でメンテナンスが異なる

ベルトは金属製のものと革製のものでメンテナンス方法が異なってきます。金属製のベルトの場合はコマとコマの間に垢や皮脂といった汚れが入り込むので、中性洗剤で洗うのが良いでしょう。中性洗剤で洗うときは時計本体からベルトだけを取り外してから作業を行うのが大切です。革製のベルトのメンテナンスでは、デリケートクリームを塗る作業が重要になります。デリケートクリームをベルトに塗ってあげることで乾燥から守る役割を果たします。革製のベルトはカビに弱いので湿度の低い場所で保管するのが良いでしょう。

グランドセイコーは、日本の時計メーカーであるセイコーがかかえる高級腕時計ブランドのことです。その製造過程は、すべて日本国内で行われていることもあり、世界から高い評価を受けています。