電子タバコの特徴とメリットを理解しましょう


電子タバコの特徴を知る

それまで紙巻きタイプのタバコを吸っていた人が電子タバコに切り替える傾向が年々つよくなっています。これは健康を考える人が増加したこととは無関係ではないでしょう。世界的に紙巻きタバコを控えようという動きが出て来ているのです。

それでは電子タバコとはそもそもどのようなものかというと、電気を使用して吸うタバコのことです。英語ではElectronic cigaretteと呼ばれています。電子タバコはアトマイザー、バッテリー、カートリッジというパーツから構成されています。バッテリーに蓄積されている電気をアトマイザーに流し込み、カートリッジに入っているリキッドを加熱させて蒸気を出すのです。この蒸気を吸うことでタバコを吸っているような味わいを感じられるというわけです。火を一切使うことがないことが紙巻きタバコとの大きな違いです。

いろいろなメリットがある

電子タバコを吸うメリットの1つは紙巻きタバコに含まれている有害物質がないことです。たとえば、タールやニコチンなどです。あくまでも味のついたリキッドを吸っているだけなので、身体への悪影響はありません。また、いろいろな味を楽しめるというメリットもあります。フルーツのようなフレーバーもあれば、ミントの香りがするリキッドもあります。自分の好みを探していろいろ味わってみるのもいいでしょう。ただし、海外の電子タバコの中にはニコチン入りのものもあるので、海外で購入するときには注意が必要です。日本では薬事法で禁止されているので、そういったものは販売されていません。

リキッドを電力で熱することで得られる蒸気を吸引して楽しむ用具をvapeといい、その多くの種類があるリキッドのひとつに、vapeのタバコフレーバーがあります