一枚のカーテンで、居心地のいい部屋を作る


カーテンをつける目的

そもそもカーテンというものは、眩しい日光を遮るためのものであり、寒い冬の外気から部屋を守るためのものです。またカーテンには、外から室内を見られないように目隠しの役割もあります。

カーテンのインテリア性

しかしカーテンが担う役割はそれだけではありません。カーテンの存在でその部屋のテーマが決まるほど、インテリアの観点からも重要なものなのです。

元気が出るような明るい色や花柄のカーテンをつければ部屋は明るい印象になります。大人しい色のカーテンをつければ部屋は落ち着いた雰囲気になります。北欧や南欧を思わせる柄を使ったり、バリ島やアジアンテイストの柄のカーテンを使えば室内はそのテーマにぐっと近づきます。

一枚のカーテンで手軽な模様替え

最近はDIYが流行っていて、気に入った家具を手作りしたり、壁紙を変えたり、女性一人でも部屋造りを楽しむことができます。

しかし、なかなかうまくできなかったり、うまくやる自信がなかったり、行動に移せない人も多いのではないでしょうか。

そのような場合でも、カーテンなら気軽に付け替えることができます。季節ごとに変えてもいいし、飽きても気軽に変えることができるのです。

既製品も、オーダーメイドも、手作りだって

インテリア専門店には素敵な柄のカーテンが数多く揃っていますし、オーダーメイドなら模様の他にもカーテンの長さを注文することができます。

カーテンは手作りすることもできます。手芸用品店にあるカーテン用のギャザーテープを使えば、カーテンは簡単に作ることができます。好みの布を使って、お気に入りの部屋を作ることができるのです。

カーテンは遮光性が高く快適に睡眠をもたらしたり、防カビ仕様で耐久性がいいものなどいろいろな商品の特性があります。