内祝いの金額はどうやって決める?出産時はいつまでに贈ればいい?


あまり高すぎるものを贈らない

お祝い事があるときに何らかの贈り物をするかもしれません。知り合いの子供が生まれたとか進学や就職などの時に個人やグループなどで贈り物を決めて渡します。日本においては贈り物に対してお返しをする文化がありそれが内祝いになるでしょう。贈り物の額は人によって異なり、内祝いに関しても贈り物の額を基準に決めると良いとされています。このときに気を付けたいマナーとしてはあまり高額の物を贈ってはいけません。お世話になっているからと贈ってもらったもの以上であったり同等の額の物を贈るのは良くなく、おおむね3分の1ぐらいの商品を選ぶと良いとされています。ただ贈られた商品の金額が少なかったりグループに対して行うときはそれほど気を遣う必要はありません。

出産の内祝いはいつまでに贈るか

子供が生まれると親族や友達その他仕事の関係者などからお祝いの贈り物を受けるでしょう。確かに出産はめでたいのですが、お祝いを受けた本人や家族はそれどころではなく、まずは自分の体調を整えないといけませんし生まれた子供の様子も見なければいけません。病院を退院して家に帰ってからも子育てにてんてこ舞いの日々を送るはずです。いくら忙しいと言ってもお祝いをもらったのであれば内祝いを返す必要があり、商品選びから発送まで行う必要があります。出産時の内祝いに関してはもらってすぐ行う必要はなく、1か月ぐらい経過してから準備をしても構わないでしょう。贈るときには商品の他に子供の名前であったり写真などを一緒に入れておくと喜んでもらえます。

内祝いは、お祝いをしてもらったから返すのではありません。結婚や出産など家に喜ばしことがあったときに幸せのお裾分けをすることです。