潤いを求めて屋上緑化、どんな準備をすればいい?


屋上緑化はメリットがあるのか

日本の夏の酷暑は人々の体力を奪います。打ち水をしたり庭の植物で日陰を作ったりといった工夫もありますが、屋上緑化はさらに広い範囲で暑さの緩和に役立っています。まず屋上緑化をした建物自体を熱から守ります。これにより省エネルギー効果も同時にあげられます。また都市で起こるいわゆるヒートアイランド現象の緩和にも貢献できます。屋上緑化のある建物には暑さだけでなく、冬季の保温効果にも役立っているのは意外と知られていないかもしれません。

屋上緑化のメリットは断熱効果だけではありません。実は酸性雨や紫外線などが原因となる防水層や壁面の劣化を軽減する効果もあります。様々な植物を取り入れうまく配置することで目の保養になったり、憩いの場になるといった直接的な効果も勿論大きいですね。

設備は長期的な視点で決める

ついつい初期費用に目がいきがちですが、一旦設置したらそのまま放っておけるわけではありません。長期的なメンテナンスの費用や手間を考えた設備を選ぶことが大事でしょう。必要な設備はそれぞれの建物によって条件が異なってきます。設置前の屋上や建物の情報を緑化設備の施工業者によく説明し、可能な選択を聞きましょう。

主役の植物はやはり利用者たちの好みも加えたい

予算が限られている場合、あまり高価でなく且つできるだけ手入れの手間がかからない植物を選ぶことになるでしょう。それでもいろいろな選択があります。芝生にするか、草花や樹木を組み合わせるか、それぞれの植物の特性や成長した際の写真などと比較して決めていきましょう。できればいくつかの施工例を見に行って植物の配置を見てみたり、メンテナンス状況について少しでも話を聞いてみることをおすすめします。

高層ビルで屋上緑化を行う理由は、緑地の少ない都市部で起こってしまう真夏の高温化(ヒートアイランド)を抑えられるからです。新築マンションや商業ビルの多くは、公園・畑・芝などが整備されています。